Now Loading...

漢方が不妊治療に効くって本当?どんな効果があるのかご紹介します

「不妊治療をすべきかどうか悩んでいる」
「妊娠しやすくなるための方法を探している」こう考えている方はいらっしゃいませんか?
そこでぜひおすすめさせていただきたいのが、「漢方」です。
では、漢方にはどのような成果があるのでしょうか。
また漢方は本当に不妊症に対して効果を発揮してくれるのでしょうか?
今回はこの2点についてご紹介します。

 

□漢方の持つ成果

そもそも漢方とは日本のものではありません。
これは古代の中国で誕生したお薬の一種で5世紀になってはじめて日本に伝わったものなのです。
今存在している漢方は5世紀に伝わってから改良を重ねたものになります。
どんな成分の漢方であっても、共通して言えることは、
・身体のバランスを整えてくれる
・身体の血の循環を良くしてくれる
以上のような効果が挙げられます。
また、病気の時に病院へ行くと漢方が処方された経験のある方もいらっしゃることでしょう。
このように、漢方には身体の炎症を沈める効果も持っているのです。

 

□不妊治療に漢方は効果的?

結論から言いますと、不妊治療の1つとして漢方を飲むことは効果的です。
そもそも不妊とは何なのかということを一度考えてみましょう。
本来であれば、男性は女性を妊娠させるように精子を出しますし、女性はその精子を受け止めて妊娠をするような身体になっています。
それが、何らかの理由でどちらか、もしくはどちらもがうまく機能しないことで妊娠できないという状態が出現しているのです。

治療方法としては、
・タイミングを見計らって性行為を促すタイミング法
・そもそも男性の精子に問題があると考えて人工的に授精をこころみる方法
・授精自体を体外で人工的に行ってしまう方法である体外受精という方法
以上の3つがありますが、これは男性の身体もしくは女性の身体に機能していない部分があるということを指しています。
これを漢方で改善しようという方法があるのです。
なぜなら先ほどもご説明した通り、漢方には身体の状態を改善する作用を持っています。
そのため体内で何か炎症が起きた場合には、その炎症をやわらげるように作用してくれます。
不妊でお悩みの方は、ぜひ夫婦で漢方を飲んで身体の機能を改善してみてはいかがでしょうか。
また漢方には飲み続けることに意味がありますので、飲んだ次の日から効果があるわけではありません。
継続的に毎日飲んでから、早くて約3ヵ月後ほどで体質の改善が期待できます。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応