Now Loading...

不妊治療|ラージャヨガをして体の機能を高めませんか?方法をご紹介します

このタイトルをご覧になった方で
「そもそもラージャヨガって何?」
と思った方はいらっしゃいませんか?
「ラージャ」とは、古代インドの言葉であるサンスクリット語にて、「王者」という意味を持っています。
ヨガは最近のものに思えるかもしれませんが、このラージャヨガは古代から存在しているものになります。
このヨガはかなり高いリラックス効果を得られるというメリットがあります。
あなた自信の意思と瞑想を掛け合わせることによって宇宙とのつながりを意識するという特徴を持つこのヨガだからこそ得られるものということができるでしょう。
では、不妊治療をする上で必要になる「リラックスした状態」を保つために効果的なラージャヨガの基本的な動作であるゴームか・アーサナをご紹介します。

□ゴームカ・アーサナとは?

 

ゴームカ・アーサナは身体の節々を柔らかくしてくれる効果のある動作だと言われています。
そして、身体の関節を柔らかくしてあげることで人によっては腰痛が改善されることがありますし、また身体の冷えをなくすことにも効果的だと言われています。
また身体を美しく魅せるための効果もあるとされており、女性にとってはかなり嬉しい二の腕を引き締める効果もあるのです。
ではそんなゴームカ・アーサナですがどのような手順ですれば良いのでしょうか。

 

□ゴームカ・アーサナの手順

まずはあぐらをかきましょう。
そしてそのまま両膝を重ね合わせます。
この際身体の硬い方は無理をなさらないよう気を付けてくださいね。
背筋をピンと伸ばしたら、今組んでいる足の方で上側にきている方の足とは逆側の腕を伸ばします。(右足が上なら左腕を上げる、左足が上なら右腕を上げる)
そして今上に上げた腕を背中側にゆっくりと降ろしていきます。
そして同時に反対側の腕を、脇下をくくらせながら背中側に曲げていきます。
そうすることで、肩甲骨の柔らかい人であれば、背中側で右手と左手をつなぐことができるのではないでしょうか。
この状態までなったら、ゆっくりと深く深呼吸をします。
もしも腕が届かないという場合には、補助として間にハンカチを引っ張っていただいても構いません。
また、最初の段階で足を組むのがつらかったという方は、高めの座布団もしくはクッションをお尻の下に引くことをオススメします。

冷えの解消にもつながりながら、ボディメイクをすることのできるこちらにポーズを間接がやわらかくなっているお風呂あがりなどのタイミングで行うことをオススメします。
ぜひ実践してみてくださいね。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応