Now Loading...

漢方を鍼灸治療や病院での不妊治療と併用して服用するメリットとは?

「長年不妊治療を続けているけど、効果が実感できず不安だなぁ」
「漢方が良いって聞いたけど、今の治療も続けた方がいいのかな」
このように悩まれている方もいるのではないでしょうか?
実は、漢方は不妊治療に効果的で、鍼灸治療や病院での不妊治療と併用しながら服用することができます。
そこで、今回の記事では鍼灸治療と不妊治療を併用して漢方を服用するとどんな効果があるのかについてご紹介します。

 

□東洋医学と西洋医学

現代の医学には東洋医学と西洋医学の考え方があります。
投薬や手術などによって、症状を直接治療するのが西洋医学です。
対照的に、体の内部の状態を整え、自然治癒力を高めるのが東洋医学です。
現代の医療では、東洋医学と西洋医学の併用が推進されており、不妊治療においてもそれは当てはまります。
西洋医学と東洋医学の一種である漢方を併用する治療は、不妊治療にとても効果があるのです。

 

□そもそも、漢方とは

漢方は生命活動に重要な3要素である気(体のエネルギーの元)、血(栄養を運ぶ血液)、水(体内の水分)に対してアプローチをします。
体の不調の原因を直接取り除くのではなく、気・血・水を正常にすることで崩れてしまった体のバランスを整えます。
それによって、健康には不可欠な体の免疫や自然治癒力を高めます。

 

□鍼灸治療や病院の不妊治療と併用して漢方を服用するメリット

不妊治療はすぐに効果が得られないこともあり、不安などからストレスが溜まってしまうことがあります。
ストレスが溜まってしまうとどうしても気分が滅入ってしまうので、不妊治療の妨げとなってしまいます。
漢方はこういった精神的な症状に関してもアプローチできるので、不妊治療に大きな効果があります。
精神的にも身体的にも健康的な体にすることで、鍼灸治療や不妊治療の効果を高めてくれます。
なので、鍼灸治療や不妊治療と併用して漢方を服用することをおすすめします。

 

□漢方を併用する際の注意点

漢方には天然由来で健康的な成分が多く含まれています。
しかし、複数の漢方をどんどん取り入れると成分の過剰摂取に繋がり、かえって体のバランスを壊してしまう恐れがあります。
不妊治療を漢方に取り入れる場合は、必ず専門の期間で処方してもらいましょう。

 

□まとめ

漢方について、また不妊治療に漢方を併用して服用するメリットについてご説明しました。
心と体の健康は、不妊治療で最も重要です。
鍼灸治療や病院の不妊治療の効果を高めるために、漢方を併用することを検討してみてはいかがでしょうか。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応