Now Loading...

不妊治療に効く漢方。どれぐらいの期間飲むといいの?

「不妊治療の一環として漢方を服用し始めたけどどれぐらいの期間飲み続けたらよいのかわからない」という方がいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、漢方を服用する期間や上手な漢方の飲み方についてご説明します。

 

□漢方を服用する期間

 

漢方は症状によって効果が表れるまでの期間が異なります。
例えば、風邪や頭痛などの軽度な症状であれば早くて数日で効果が表れることがあります。
しかし、アレルギーや不妊症の症状などの複雑な症状の場合は、長い間効果が実感できない場合があります。
また、漢方の服用中に症状が改善されたからといって、すぐに漢方の服用を停止すると症状が悪化、または再発する恐れがあります。
一般的に、漢方を服用する期間は数か月から半年が良いとされています。
もし症状が改善され、漢方の服用を止めるべきか悩んだ場合、ご自身で判断するのではなく、近くの専門の医療機関に相談することをおすすめします。

 

□効果的な服用法とは

漢方には、煎じ薬、粉タイプ、粒タイプなど様々な飲み方があります。
漢方はそれぞれの飲み方によって効果の出やすさが異なります。
最も効果が良い飲み方は、生薬を水で煮だすことによって生薬の成分を抽出した煎じ薬です。
煎じ薬は漢方の本来の飲み方であり、比較的体への成分の吸収率が高いです。
しかし、一般的に市販、あるいは処方されている漢方の大半が保存や持ち運びがしやすい粉、粒タイプのもので、煎じ薬ばかりを服用できるとは限りません。

 

□粉、粒タイプの漢方の上手な飲み方

漢方は間違った飲み方をすると、吸収率を下げてしまう恐れがあります。
正しい飲み方で漢方を服用し、できるだけ吸収率を高くするのが重要です。

漢方の上手な飲み方についてご紹介します。

*水か白湯で服用する

スポーツドリンクや牛乳などは吸収率が悪くなるので、必ず水か白湯で服用しましょう。

*指定されたタイミングに服用する

一般的に、漢方は食前や食中に飲むことが良いとされています。
万一飲み忘れた場合は食後でも構わないので、できるだけ早く服用しましょう。

 

□まとめ

一般的に、漢方は数か月ほど服用するべきだとされていますが、症状によって効果が表れるまでの期間が異なります。
例えば、症状の改善が実感できるまで、早いものでは数日、遅いものでは半年近くかかることもあります。
効果的な飲み方を実践することで漢方の成分の吸収率を上げ、少しでも早く皆様の症状が改善されることを願っています。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応