Now Loading...

不妊症の原因ともなる無排卵とは?無排卵の治療に効果的な漢方とは?

「なかなか妊娠しないけど、もしかして無排卵かな」
と、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、無排卵のメカニズムと無排卵の症状に効果的な漢方について解説いたします。

□無排卵とは

無排卵とは、月経の時期が訪れた時の出血の有無にかかわらず、排卵がされていない症状のことを指します。
妊娠を望まないからと言って無排卵の症状を放置してしまうと、卵巣の機能が衰えてしまうので、不妊症を発症してしまう恐れがあります。
無排卵状態が確認したら、すぐに専門の医療機関に相談しましょう。

□無排卵の原因とは

無排卵の原因には、PCOS・ストレス・痩せや肥満・年齢による卵巣機能の低下などが挙げられます。

*PCOS(多嚢胞性卵巣症候群:たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)

卵巣の周りにある一定のサイズの卵胞が並び、排卵を妨げてしまう症状です。

*ストレス

ダイエットや食べ過ぎ、生活習慣の悪化などによって身体にストレスがかかると、ホルモンバランスが崩れてしまうので、排卵機能が低下してしまいます。

*年齢

初経を迎えて間もない若い人や、出産適齢期を過ぎてしまった人は卵巣の機能が低いので、無排卵の症状を発症することがあります。

□無排卵の判断方法

無排卵は病院での検査でも診断は可能ですが、自分で診断することもできます。
自分で無排卵の判断をするために必要なことは、基礎体温のチェックです。

*基礎体温とは

人間が必要最低限の活動をするための体温です。
一般的に、寝ている時の体温が基礎体温だと言われており、起床後すぐに計測しましょう。
基礎体温には「高温期」と「低温期」が存在し、その差は約0.4℃とされています。

*基礎体温による無排卵の判断方法

基礎体温は排卵が起こると上昇し、高温期に差し掛かります。
この高温期が存在しない場合、無排卵であることを疑いましょう。

□無排卵に効果的な漢方

漢方を服用することで、無排卵の原因を取り除くことができます。
無排卵に限らず、不妊症に関連する症状はストレスが原因の一つであることが多いです。
そのため、冷え症やイライラなどストレスの原因となる症状を取り除いてあげましょう。
また、血行を良くすることで卵巣の機能が活性化し、排卵機能が改善されることがあります。

□まとめ

無排卵は不妊症の原因の一つです。
無排卵にならないためにも、日頃の生活習慣を見直してみましょう。
また、無排卵かなと思ったらすぐに近くの医療機関に相談することをおすすめします。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応