Now Loading...

不妊治療|月経不順のメカニズムについて徹底解説。おすすめの漢方とは?

不妊症の原因の一つである月経不順は、排卵がされない、月経の周期が遅いなど様々な症状があります。
「月経不順ってどうやったら治るの」
と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
実は、漢方の中には月経不順に効果があります。
そこで今回は、月経不順のメカニズムと月経不順に効果的な漢方についてご紹介します。

 

□月経不順とは

本来の周期で起こるはずの月経の周期が前後に大きくずれてしまうことを月経不順と言います。
月経不順になると不妊症になってしまう可能性があります。

 

□月経不順のメカニズム

 

*月経と脳下垂体との関係

月経は、脳下垂体によってコントロールされています。
脳下垂体が2種類のホルモン(卵胞刺激ホルモン・黄体形成ホルモン)を正常に分泌することで、女性の月経周期は保たれます。
月経不順は、この脳下垂体の機能が低下しうまくホルモンが分泌できなくなってしまうことで発症します。

 

*脳下垂体の機能を低下させる要因

脳下垂体の機能を低下させる一番の要因となるのが、ストレスです。
身体がストレスを受けると、脳下垂体のホルモン分泌機能が低下してしまいます。
ホルモンバランスが乱れてしまうので、月経不順が起こりやすくなってしまいます。

 

□月経不順に効果的な漢方

月経不順はストレスからくるホルモンバランスの乱れが原因であるとご説明しました。
そのため、根本的な解決をするためにはストレスを解消することが重要です。
そこで、月経不順におすすめの漢方についてご紹介します。

 

*当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

血液不足を改善します。
全身に栄養がうまくいきわたるので、身体的なストレスの軽減につながります。

 

*桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

血の巡りを良くします。
冷え性や肩こり、生理痛などに効果があります。
生理痛の時のイライラが軽減されるので効果的です。

 

*桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

便秘の改善や、生理前のイライラの抑制などの効果があります。
精神的な不安を取り除くことができるので効果的です。

 

□まとめ

月経不順のメカニズムと月経不順におすすめの漢方をご紹介しました。
月経不順はホルモンバランスの乱れが原因で発生します。
ホルモンの分泌は、ストレスの影響を受けやすい脳下垂体が担っています。
なので、月経不順の改善のためにはストレスを軽減する漢方がとても効果的です。
しかし、不妊症に最も重要なのは生活習慣です。
現在の生活習慣があまり良くない方は、ぜひ生活習慣を改善してみましょう。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応