Now Loading...

体外受精とは?不妊治療の仕組みについてご説明します。

みなさんは不妊治療の一種である体外受精をご存知ですか?
一昔前はかなり高度な治療方法でしたが、今ではかなり一般的な不妊治療の方法となっています。

晩婚化により、女性の出産する平均年齢が上がった現在では、妊娠しづらくても子どもを持ちたいという女性が増えています。
体外受精という不妊治療は、タイミング法や人工授精といった他の不妊治療に比べて人為的に妊娠させる方法になります。

そんな体外受精という不妊治療について、仕組みや費用、メリット・デメリットといった観点からご紹介したいと思います。

□体外受精とは

体外受精ではその名の通り、母体の外で精子と卵子を受精させます。

まず、卵胞の中から卵子を取り出します。
取り出した卵子に、精子の中でも活発に動くもののみを抽出したものをふりかけて、受精させます。
うまく受精卵が分裂していけば、子宮に戻します。

□体外受精にかかる費用

残念ながら体外受精には保険が効かないため、治療にかかる費用が高額となります。
場合にも寄りますが、30万から80万がその相場です。

保険は適用されませんが、一部では政府の少子化対策として不妊治療に対する補助金が支給されています。
年収や回数による制限はありますが、金銭的な負担を気にされる方は申請を検討されてみてはいかがでしょうか。

□体外受精のメリット・デメリット

体外受精のメリットとしては人工授精といった他の不妊治療よりも妊娠に至る確率が高いことにあります。
1〜3回で妊娠することが多く、5回以内で妊娠にいたる方がほとんどです。

しかし、他の不妊治療に比べて費用がかかってしまいます。
そのため、タイミング法や人工授精で妊娠できなかった場合の最終手段として、体外受精を利用することをお勧めします。

□顕微授精とは

体外受精の方法の一つとして顕微授精があります。
通常は精子の運動で受精を行いますが、顕微授精では人の手をさらに加えて受精を促します。
ガラス管などを使って精子を直接卵子に受精させます。

□最後に

今回は体外受精という不妊治療の方法に関してご紹介しました。
体外受精は、不妊治療のなかでも高度な技術を使います。

タイミング法や人工授精という方法でうまくいかなかった場合に、最終手段として試す方法です。以前はあまり一般的でなかった体外受精も、最近ではかなり多くの方に利用されるようになってきました。
費用はかかりますが、妊娠しやすい不妊治療の方法です。

不妊治療を考えている方は、その方法の一つとして体外受精の仕組みを理解しておきましょう。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応