Now Loading...

不妊治療の成果を高めるには?不妊治療に効く漢方薬とは

「不妊治療の効果を高めるのに漢方薬がいいと聞いたけど何がいいんだろう?」

漢方とは漢方医学に基づいて処方される薬のことです。

体全体の調子を整えることで病の改善をはかります。

漢方は体質改善を目指すため、不妊治療と併用することで不妊治療の成果の高まりを期待できます。

今回は不妊治療に効果的な漢方薬の種類についてご紹介します。

漢方と不妊治療

漢方は漢方医学そのものを指していましたが、近年では狭義の意味で漢方医学に基づいて処方される薬を指すようになりました。

漢方薬は体質の改善はかるものであり、一人一人の体質にあわせて調合、処方されます。課題となっている体質によって処方される薬が異なります。

ここでは、体質別に不妊治療によく処方される漢方薬をご紹介します。

血が不足している方に効く漢方

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

加味帰脾湯(かみきひとう)

血は体内に必要な栄養を届ける役割があります。

血が不足していると体内に栄養が廻らないため、内臓機能の低下、冷え、めまいなどの症状が現れます。

当帰芍薬散は体力あまりなく冷え性の方によく処方される漢方です。

加味帰脾湯は体が弱く貧血気味、心身ともに披露している方に処方される漢方です。

これらの症状への改善が期待されます。

血が滞っている方に効く漢方

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

血の流れが悪いと血の量は十分なのに必要な栄養が体内に届けられません。

肩こりや頭痛、目の隈や月経痛、顔色や舌の色が赤黒いなどの症状がみられます。

桂枝茯苓丸は赤ら顔で比較的体力のある方に処方される漢方です。

桃核承気湯は体力が充実して暑がり、のぼせたり、イライラ、よく緊張する、便秘などの症状が強い方に処方されます。

ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

気が不足している方に効く漢方

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

気が不足していると疲労やストレスにより活力が低下しており、食欲不振や下痢、風邪をひきやすいです。

補中益気湯は虚弱体質であり、心身ともに披露を感じている方に処方される漢方です。

十全大補湯は冷え性、貧血気味、疲労が著しい方に処方される漢方です。

体力不足も妊娠には重要な問題です。

これらの漢方によって改善をはかります。

最後に

今回は不妊治療に効果的な漢方薬の種類についてご紹介しました。

妊娠のしにくい体質は様々な種類があります。

漢方の処方によってそれぞれの体質改善をはかり不妊治療の成果がでやすくなるのです。

妊娠しやすくなるために漢方を試してみようとお考えでしたらぜひ漢方の葵堂薬局へ一度ご相談ください。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応