Now Loading...

不妊対策には漢方!漢方の効果とその飲む期間について

「あなたは今おいくつですか?」

不妊には病気など様々な要因があります。

これに加えて近年、結婚年齢の高齢化、出産年齢の高齢化などで不妊に悩まれる方が多いです。

高齢になると不妊の原因となることが起きやすくなります。

そんな方々を自然の力で支えられることが出来るのが漢方です。

「漢方って効いているのかわかりにくい」

「漢方は効果が出るまで時間がかかるイメージがある」

こんなイメージが多いと思います。

実際は漢方の服用からどれくらいの期間が必要なのでしょうか。

今日は漢方を利用した不妊治療の効果についてとその期間を紹介します。

不妊の原因とは

不妊の原因となるものは本当に多く様々です。

その中でも簡単に想像がつくものが病気、ストレス、低体温、自律神経の乱れ、生活習慣などです。

病気は専門の医師を頼ることで治せます。

また、ストレス、生活習慣などは身体の外の問題なので解決のために医学的なアプローチ以外のものが必要です。

今日は低体温と自律神経の乱れに焦点を当てていきます。

まず低体温ですが、よく聞く冷え性です。

簡単に冷え性と言えばよくあるものと軽視してしまいますが、冷え性は脅威なのです。

身体が冷えることで血流が悪くなり、栄養が臓器、細胞まで上手く届いていないことがあります。

これが不妊を引き起こしてしまいます。

次に自律神経の乱れですが、これは卵細胞の成長や排卵に直結してきます。

自律神経の乱れによってそれらに不調が出ることにより、不妊を引き起こしてしまうのです。

漢方を飲むこと

不妊の原因について紹介しました。

では、それらは漢方を飲むことで解決できるのでしょうか。

低体温ですが、漢方を飲むことで身体の代謝を促進することで体温を上げることが可能です。

また、漢方を飲めばある程度直ぐに効果はあります。

しかし、漢方は数ヶ月など継続して飲むことで身体の体質そのものを改善することができます。

体質を改善できれば漢方を飲まなくても低体温に戻ることなく正常な身体に戻せます。

さらに、自律神経の乱れも漢方を飲むことで対応可能です。

自律神経の乱れはそれを引き起こしている原因が存在します。

まずは、その原因を特定し、その原因に合わせた漢方を飲むことで改善することが出来ます。

こちらも一定の期間、漢方を飲むことにより体質から改善することが可能です。

不妊でお悩みの方、今まで尾不妊治療で目立った効果が得られなかった方は一度漢方を飲んでみてください。

自然の力があなたの体質を改善、不妊も解決するかもしれません。

漢方を活かした不妊治療については漢方の葵堂薬局へご相談ください。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応