Now Loading...

あなたは大丈夫!?不妊の原因と妊娠しやすくなるちょっとしたコツ!

「子供が欲しいけれど赤ちゃんができない!」
「原因は何?」
「妊娠しやすい体質とか生活習慣ってあるの?」

そんな声にお応えすべく今回は不妊の原因と妊娠しやすくなるかもしれないちょっとしたコツをお教えします!

【生活習慣】

1. ダイエット

日本の女性は、海外の女性と比べて、痩せ型を良いとしてダイエットに励む傾向にあります。
海外では「細い」と「痩せている」には大きな差があるようです。

日本人女性であまりにもダイエットに励んでいる方は海外の方からは「痩せている」になるようです。
肥満は健康に良くないですが、実は「痩せている」も妊娠に関する健康面においては良くないとされています。

2. 喫煙

ダイエットに関しては母体となる女性の生活習慣のことでしたが、喫煙は夫婦ともに関係します。喫煙は血管の収縮を招き、血液の循環を悪くするため、卵子や精子の働きの低下につながります。

また喫煙者の体外受精の成功率は非喫煙者の成功率の7割程度にまで落ち込むようです。

3. 冷え

冷えはホルモンバランスの乱れを引き起こし、不妊につながる恐れがあります。
適度な運動を心がけ、シャワーだけよりはお湯に浸かる入浴をすると良いでしょう。

【出産経験の有無】

出産経験のある女性は出産をしたことのない女性に比べて、卵巣や子宮の周りの血行が良いので、妊娠がしやすい体質と言えます。

【月経の変化】

生理不順や月経痛の心当たりのある方は婦人科疾患の可能性があるので早めに検査に行きましょう。

また、年齢を重ねることによる生理不順のうち、月経周期が短くなってきている場合は要注意です。
これは卵子の数が減少しつつあるサインかもしれませんので、早急に検査に行ってください。

【精子の老化】

卵子の機能低下のスピードに比べれば緩やかですが、精子も加齢によって機能が低下していきます。
精子が正常に機能しているかどうかは、パートナーの外見や性行動では判別ができません。

一度医療機関にて精液検査を受けてみてください。

【義務的な性生活】

妊娠を望みすぎるがあまり、性生活がうまくいっていないことはありませんか?
性生活はデリケートな問題です。
排卵日における受精目的の性交渉ばかりを行っていると、主に男性の方がナイーブになりやすいです。

パートナーとの愛を育むはずの性交渉が、妊娠を意識しすぎて義務やプレッシャーとなるのは残念なことです。
より良い性生活を営むためにもパートナーとの相互理解が必要です。

【まとめ】

ちょっとした落とし穴があったかもしれませんね。
身近なことで対策できることがあればまずはそれからやって行きましょう!

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応