Now Loading...

平均出産年齢30歳!?不妊治療の増加の背景!

最近「不妊治療」という言葉を昔に比べてよく聞くようになったと思います。
これはインターネットの発達によって情報にアクセスしやすくなったことも原因であると思いますが、やはり不妊に悩み、不妊治療を行われる方が多くなってきたことが大きな原因だと思います。

今回は「不妊に悩む人が増えている背景とその解決策」のついてお伝えいたします。

1. 不妊に悩む人の増加

先ほどお話させて頂いた通り、不妊に悩む人はどんどん増加しているように思えます。
その背景には「平均出産年齢」の数字がどんどん高くなっていることが原因にあります。

厚生労働省が発表している「第一子出生時の母の平均年齢」では2016年度は「30.6歳」、2017年度は「30.7歳」という結果が出ています。
以前の日本の社会でしたら「20代で結婚して20代のうちに出産して子供を持つ」という状態が普通でしたが、この結果からは現代では「20代後半で結婚して、30代で子供を持つ」というのが当たり前になってきているとわかります。

2. 幸せの変化

上記のように晩婚化、30代での出産の状態になってきているのは「幸せの定義の多様化」にあると思います。
以前でしたら、「男性はずっと働き、女性は20代で結婚して子供を持つ」という幸せのテンプレートがありました。

しかし現代は価値観の多様化と社会の変化によって「男性もプライベートを充実させるために結婚を選ばない」「女性もバリバリ仕事で働きたいから結婚しない」というような幸せの在り方もできてきて、結果として晩婚化、出産年齢の遅れに繋がっているのです。

3. なぜ30代で出産すると不妊の可能性が高まるのか?

「20代では無事出産できて、30代に入ると出産できる可能性が低くなる」。
この違いはどこから来ているのでしょうか?

その原因は「卵子と精子の老化」です。
最近の研究では年を取るにつれて(特に女性では30代から、男性では35歳を過ぎると)卵子と精子の老化が進み、妊娠できる可能性が大きく下がるというデータが出ています。

4. 卵子と精子の老化を防ぐには?

卵子の老化、精子の老化の影響を最小限にとどめ、妊娠機能を高める方法は、「生活習慣を整える」ことです。
正直に申し上げますと、どんなに頑張っても卵子と精子の老化と止めることができません。

しかし日々の生活習慣(睡眠、運動、食事)などを改善するだけで卵子や精子の質を高めることができて、妊娠効果も高めることができます。

5. まとめ

今回のお話は「不妊の増加は晩婚化や出産年齢の上昇が卵子や精子の老化に繋がっているということ」についてお話させて頂きました。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応