Now Loading...

不妊治療の救世主!ヨガで妊娠しやすい体質に!

本日は「不妊治療中の方こそヨガをしましょう!」ということをお話させて頂きます。
このようなことをいきなり言われても困惑されると思いますが、不妊治療中のヨガの効果は非常に大きいです。
ここからは不妊治療中にヨガをするべき理由についてお話させて頂きます。

1. 不妊治療中こそヨガをするべき

不妊治療中にヨガと聞いて、少し困惑された方も多いと思います。
「不妊治療中でただでさえ気が重いのに、ヨガをやる気にもならない」という声や「なんで不妊治療中のストレスでしんどいのにヨガをしなければいけないのか?」という思いもすごくわかります。

しかしそのような「気が重い」「不妊治療のストレスがしんどい」という方にこそヨガをお勧めいたします!

2. ヨガの効果

ヨガは不妊治療中の「気が重い」「やる気が出ない」「イライラする」という部分の原因になっているストレスを解消することができます。
さらにヨガは見た目のバランスを整えて美しくなるだけでなく、体中の神経やホルモンのバランスを整えて、内側から美しくなることができるのです。

3. 妊娠しにくい体質

不妊治療が上手くいかない原因の1つに「妊娠しづらい体質」というのが挙げられると思います。
この妊娠しづらい体質は生まれながらの場合もありますが、大半の方が普段の生活によって知らず知らずのうちにこのような体質になっているのです。

妊娠しづらい体質になる原因とは「ストレス」です。
ストレスがかかれば、体内の自律神経が乱れ、自律神経の乱れがホルモンバランスの乱れに繋がります。ホルモンは正常な卵子を育てて、妊娠するまで大切な役割を果たす物質ですので、ホルモンバランスが乱れると妊娠しづらい体質になってしまうのです。

4. ヨガは不妊治療の救世主!

妊娠しづらい体質になってしまう大きな要因はストレスです。
つまりそのストレスを解消することができれば、妊娠しづらい体質から妊娠しやすい体質に変化させることも可能です。

そしてヨガには効率よく妊娠しやすい体質にさせる効果があります。
なぜならヨガを行うことで、妊娠しづらい体質の原因のストレスを解消できだけでなく、その後もストレスを溜めにくい体質にすることができます。
そして血行の流れをよくして、体の隅々までホルモンを行き渡らせることもできるようになります。

5. まとめ

以上でヨガと不妊治療についてのお話はおしまいです。
基本的にはヨガだけを行うのではなく、ヨガと他の不妊治療を合わせて行うことでその効果を大きく高めることができるので、是非お試しください!

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応