Now Loading...

2人目不妊を知るための基礎知識!妊娠の仕組みとは!

こんにちは。
近年の晩婚化などを背景に、2人目を妊娠できず悩まれている方が多くいらっしゃると思います。

2人目の不妊は、「1人目は出産できたが、2人目の妊娠ができない」という状態のことを指しており、その原因は多岐にわたるため、把握するのが困難な場合もあります。
お医者さんの説明を聞いても「何を言っているのかよく理解できなかった」という状態も、しばし起こりえます。

そこで今回は、基本的な「妊娠の仕組み」をお伝えします。

1.なぜ妊娠の仕組みを知る必要があるのか?

2人目不妊の症状は、基本的に「不妊症」の症状に当てはまります。
わかりやすいように「2人目不妊」という名が付けられているのです。

不妊症は、簡単に言えば「妊娠するための仕組みに障害が生じて、妊娠できなくなった状態」のことです。
そのため、不妊症の理解を深めるために、妊娠の仕組みに対する理解が必要不可欠なのです。

2.妊娠のステップ1

妊娠のステップは大きく分けて3つあります。
ここではまず1つ目のステップについてのご説明です。

1つ目は「精子と卵子の誕生」です。
女性の体内では、卵巣の中から成熟した卵子が子宮内部に排出されます。そして男性の精巣では精子が作られます。

ここの過程で不妊症の原因となるのは「精子」です。
精液の中に精子が含まれていない無精子症などが原因と考えられています。

3.妊娠のステップ2

2つ目のステップは「精子を卵子の受精」です。
女性の膣の中に入った数多くの精子には厳しい競争が待っています。
その厳しい競争を勝ち残った1つの精子が卵子と出会い、受精します。

ここおこる不妊症は、卵子と精子どちらに原因があるかは分かりません。
精子の場合は精子の運動量が少ないこと、卵子の場合は卵子の質が低下していることなどが原因に挙げられます。

4.妊娠のステップ3

3つ目のステップは「着床」です。
受精した受精卵は卵管に移動します。子宮内部へは3~6日ぐらいかけて到着します。
子宮内部へ到着すると子宮内膜と呼ばれるところに奥深く入り込んで根を張ります。ここで「着床」が完了します。
着床が完了したことを妊娠が成立したと言います。

このステップにおける不妊症の原因は、ホルモンや卵管、子宮内部の状態などです。

今回は妊娠の仕組みについてお話ししました。
是非、妊娠についての知識をつけて、「2人目不妊」という状態の理解を深めてください。
何かご相談事や困りごとがありましたら、いつでもご連絡ください。必ずお役に立ちます。最後までありがとうございました。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応