Now Loading...

2人目不妊のあれこれ!原因と対策をお伝えします!

皆さんの中に「2人目不妊」という言葉を聞いたことのある方はいらっしゃいますか?
今回は「2人目不妊のあれこれ」についてお話しいたします。

1.2人目不妊とは

2人目不妊とは「1人目は無事出産できたが2人目が妊娠できない…」という状態のことです。
2人目不妊の症状は近年上昇傾向にあります。

2.2人目不妊の3つの原因

ここでは2人目不妊の3つの原因をご紹介いたします。

1つ目の原因は「1人目を出産したこと」です。
個人差がありますが、1人目を出産する際に体の中に傷がつくことや、細菌が侵入して炎症を起こしてしまうことが原因とされています。
また、出産した後の子育てで、長い期間授乳を行っていると黄体ホルモンのバランスが乱れてしまい、黄体機能不全という状態になるケースもあります。

2つ目の原因は「不妊症」です。
これは、元々男性、女性側のどちらかに不妊症が発症する条件が存在していたものの、1人目の妊娠・出産の際には発症せず、子供を作ることができたというケースです。
そして2人目を作ろうとした時に不妊症を発症してしまい妊娠ができなくなった場合です。

3つ目は「加齢」です。年を重ねるごとに妊娠しづらくなります。
近年は晩婚化が進み「1人目の出産が30代に入ってから」ということも珍しくありません。
この場合は2人目の妊娠・出産も30代中盤から後半と遅れるため、結果として二人目を妊娠しづらくなってしまうのです。

3.2人目不妊の対策

ここからは2人目不妊の治療のための2つのステップをお伝えします。

1つ目のステップは、「病院で専門的な検査を受けること」です。
というのも2人目不妊は、原因によって治療方法が大きく異なるので初めに検査を受ける必要があります。

2つ目のステップは「治療」です。治療の方法は大きく2つあります。

1つ目は「妊娠するための直接的な治療方法」。2つ目は「妊娠しやすい体質になること」です。

1つ目の方法は体外受精や人工授精などが挙げられます。
2つ目の治療方法は、体のバランスを整える鍼灸治療や漢方を用いた治療などが挙げられます。

4.まとめ

今回のお話で「2人目不妊」について簡単にでもご理解して頂けたら幸いです。
2人目不妊には何かしらの原因が考えられます。まずは自分の原因をしっかり把握することです。

そして自分の原因に合った治療方法を見つけて治療を行うことが2人目不妊の改善のためには必要になってきます。
2人目不妊に関して何かご相談事がありましたら、お気軽にご連絡ください。必ずお力になります。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応