Now Loading...

不妊治療をきついと感じている方へ!妊活はあなただけの問題ではありません!

「不妊治療を受けている!」
「でも、一人で不妊治療に向かうのはつらい・・。」

芸能人が不妊治療に成功し、高齢出産したというニュースに動かされ、「今なら可能性があるかも!」と不妊治療を始めた方も多いことでしょう。

しかし、不妊治療中は気持ちがナーバスになったり、なんだか前向きになれなかったりしがちです。
そんなあなたに質問です。
「あなたは不妊を、あなた自身の問題だと抱え込んではいませんか?」
実は不妊の原因が女性にないケースも多く存在します。
今回は不妊治療を受けていくために必要なマインドセットを紹介します。

■意外に多い男性不妊

「不妊治療を受けよう!」そう思い立ってレディースクリニックなどの病院に行くと、待合室には女性ばかり・・。

そんな光景を見たことがある、という方は多いのではないでしょうか。
不妊治療を

しかしWHO(世界保健機関)の調査によると不妊の原因が女性のみにあった、というのは全体の41%に過ぎないのです。24%は男女ともに、24%は男性のみに不妊の原因があった、という調査結果でした。
つまり、不妊の原因が男性にあることも多いのです。

先ほど紹介した男性が原因の不妊は、精子をつくる機能に問題があることがほとんどです。
精子が見つからない無精子症、精子の数が一般男性よりも少ない乏精子症、精子の運動量が低い精子無力症などがあります。

また、精子には関係しませんが、他にも男性が不妊の原因になっている場合もあります。
ED(勃起不全)や射精障害です。
不妊治療の第一段階としてタイミング法が有名です。

しかし、タイミング法で性交の日を決められてしまうとそれがプレッシャーになり、その性交時のみEDになってしまう、という男性も多く存在します。
そして、女性の膣内での射精ができない射精障害も不妊の原因になります。

これらが原因の場合は前述したWHOの調査の男性が原因の不妊として取り扱われていないので、男性が不妊の原因になっているケースはもっとあると言っても良いでしょう。

また、出産後のことを考えてみてください。あなたの元に生まれた子どもはあなただけの子どもではありません。
旦那様と一緒に育てていく、二人の子どもです。
そのため、不妊治療には旦那様の協力が不可欠だということになります。

不妊治療は夫婦で立ち向かうべき、夫婦の問題です。
旦那様に隠れて不妊治療を行ったり、不妊治療でナーバスになっているのを旦那様に隠すのではなく、夫婦でクリニックに行ったり、妊活の予算、やめどきを考えてみてはいかがでしょうか。

そうすることで夫婦の絆もさらに深まり、不妊治療がどういった結果に終わったとしても、夫婦で楽しく生活できるのではないでしょうか。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応