Now Loading...

不妊治療をサポート!卵の質を上げる運動とは?

「不妊治療を受けている!」
「でも、あまり効果が実感できないでいる・・。」

不妊治療を受ける女性は、近年増加しています。
それには女性の社会進出が大きく関わっていると言われています。
女性が社会に進出するようになり、お仕事を頑張っているうちに30代後半、40代になり、なかなか妊娠できない、というケースです。
そして、女性が30代後半、40代になると卵子が老化していて、妊娠するまで時間がかかる場合があるのです。

このような場合、卵の質を上げて、妊娠しやすいカラダをつくるというアプローチ方法があります。
そこで今回は、卵の質を上げるために行いたい運動についてご紹介します。

■どうして運動で卵の質が上がるの?

まずは、どうして運動によって卵の質を上げられるのかについてご紹介します。
生殖ホルモンとの関わりによって、卵の元となる原始卵胞という細胞が正常に成長します。
質の良い卵を育てるためには、卵の元となる細胞の正常な成長が必要不可欠です。

つまり、生殖ホルモンを原始卵胞などの生殖細胞に上手に供給できることが重要なのです。
生殖ホルモンは血液によって生殖細胞に供給されます。
質の良い卵のためには血液の流れを良くして、生殖ホルモンを上手に生殖細胞に供給しなければいけません。

血液の流れを良くする方法はいくつかありますが、そのうちの一つが運動になります。
そのため、運動で卵の質が上がる可能性があるのです。

■オススメの運動とは

運動をするとリフレッシュ効果も期待できます。
不妊治療中はストレスを溜めない、ということも重要ですので、運動はオススメです。

その中でも特にオススメなのが、緩やかな有酸素運動やストレッチです。
有酸素運動といえば走ることや自転車をこぐという激しい運動を想像する方も多いのではないでしょうか。

しかし、血流を良くするためには、そこまで激しい運動は必要ありません。ウォーキング程度で十分でしょう。
早足のウィーキングを心掛ければ、脂肪燃焼効果も期待できます。
また、ストレッチも血流を良くするのに効果的です。

ストレッチといえば床に座って両足をできるだけ広げて上半身を前に倒していくようなストレッチが有名ですよね。
しかし「体が硬いから、それはちょっと・・。」というようにストレッチにという言葉を聞くだけで嫌悪感を抱いてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方には、立って足を腰幅程度に開き、手を腰に当て、腰を回すストレッチをオススメします。
そして、どんなストレッチを行うときも、深呼吸を心がけるようにしましょう。

 

今回は卵の質を高めるために行いたい運動についてご紹介しました。

当院では体の中から不妊を改善させたいあなたにぴったりの漢方を取り扱っております。
ぜひお気軽にご相談ください。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応