Now Loading...

旦那様へ。不妊治療はあなたの人生に関わる問題ですよ!

「妻が不妊治療をしていて、精神的にもしんどそう・・。」
「何か手伝ってあげられないかな?」

女性も社会で活躍する世の中だからこそ、40歳になって身の回りが落ち着いてから「やっぱり子供が欲しい!」そう願う女性も少なくありません。

しかし、実際に不妊治療を始めてからは奥様が毎日疲れているように感じたり、なんだか繊細になったなと思ったりしているのではないでしょうか。

「何か助けてあげたい!」「僕にできることはないかな?」と感じる旦那さんが多くいらっしゃるでしょう。
しかし、旦那さんはもっと重く、自分のこととして不妊治療を考える必要があるかもしれません。
なぜなら不妊治療は、あなたの問題出もあるからです。

■精子にもタイムリミットがある?!

女性が妊娠できる年齢にはタイムリミットがある、というのはよく聞きますよね。
しかし、50代や60代の男性芸能人が「パパになりました!」なんてエンタメニュースが飛び交っていますよね。

そのため、「何歳になっても男性の精子は、子どもをつくる力がある!」そう思ってらっしゃる方がほとんどかもしれません。
また、卵子は女性が生まれる前につくられ減っていくばかりです。

反対に、精子は毎日つくられています。
したがって、精子は卵子に比べると、新鮮だと言えるでしょう。

これらのことから、男性は歳をとっても大丈夫、そのような考えが広まっていました。
しかし、精子にもタイムリミットがあることが最近の研究で分かったのです。

受精後、受精卵の分割を進めるために精子はスイッチを入れる必要があります。
受精卵を分割させていくためのスイッチです。

男性の中にはそのスイッチがうまく入らない方がいらっしゃるのです。
つまり受精ができても精子が原因で受精卵がうまく成長していかないということです。
この状況を”精子力が低い”と言います。

そして、「35歳を過ぎてから精子力が落ちる」ということが言われています。
しかし、逆に言えば35歳を過ぎるまでは精子力が著しく低下するという事態は、そう多くはありません。
つまり男性の中には35歳が子どもをつくるタイムリミットと考えておくと、妊娠の確率が高まるでしょう。

さらに、精子力が低い男性は精子を検査しても量、運動量共に大丈夫だという結果が出ます。
また、精子力が低下する理由もまだ分かっていません。

しかし、精子にもタイムリミットがあることは、事実です。
また、男性が不妊の原因になっているケースは全体の約半分を占めています。
さらに、子どもができた家庭を想像してみてください。

子どもを育てるのにはお金がかかるので、あなた自身の趣味にお金をかけるのを我慢せざるを得ない時が出てくるかもしれません。

つまり、不妊治療をどのように進めるかはパートナーとお二人の問題ですし、お二人の人生設計に関わる問題なのです。
不妊治療の予算ややめどきを話し合うだけではなく、検査に同行すると、二人で立ち向かう問題、という実感が湧いてくることでしょう。

ぜひ検査に同行し、不妊治療について自分の問題でもあることを認識していきましょう。
それこそが奥様の不安を軽減できる行動なのです。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応