Now Loading...

不妊にお悩みのみなさまへ。知っておきたい不妊治療の4つの種類

「なかなか妊娠できず、不妊治療を始めようかな」と迷われている方。
「今の不妊治療で効果が表れないので、違う治療法も試してみたい」と思われている方。
「不妊治療に挑戦したいけど、どのような治療方法があるのかを知りたい」という方。
そんな方におすすめの記事です。

現在、日本では妊娠したいと考えている夫婦の6組に1組が、不妊についてなにかしらの悩みを抱えているともいわれます。
このように、近年赤ちゃんを望んでいても、なかなか赤ちゃんに恵まれない夫婦やカップルも増えてきています。

不妊治療には様々な種類があり、それぞれの原因に合わせた治療がなされます。
また、一つの治療法で効果が見られなければ、違う治療法に変えることもあります。
不妊治療をお考えの方、様々な治療法を試したい方は、ぜひどんな治療の種類があるのかを知っておきたいものです。
今回は、不妊治療の種類についてご紹介します。

・タイミング法

タイミング法は、不妊治療の一番初めの段階で試される治療法です。
この治療法では、排卵日を予測して、その日に合わせて性行為をします。
月に1度ある排卵日に合わせて性行為をすることで、妊娠する可能性を高める治療法です。

・人工授精

タイミング法を試してみて、妊娠が見込まれない場合は、人工授精がなされます。
人工授精とは、採取した精子を子宮の奥にいれる治療法です。
人工授精は、精子と卵子が出会う確率を高めるための治療法です。
これは、ほとんど自然妊娠と同じ流れなので、赤ちゃんとお母さんの身体に影響は少ないです。

・体外受精

体外受精は、女性から採取した卵子を体の外で精子と受精させた後、受精卵を体内に戻す方法です。
妊娠する確率は、年齢が高くなるにつれて低くなっていきます。
そのため、様々な不妊治療を試しても妊娠できなかった方は、体外受精にチャレンジします。

・鍼灸治療

不妊治療に、鍼灸治療と驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
近年では、不妊治療において鍼灸治療に注目が集まっています。

不妊治療では、卵巣や子宮にあるツボを鍼灸で刺激します。
鍼灸治療には、自律神経の乱れを改善する効果があり、ホルモンバランスが整いリラックス効果も高まります。
また、血流の改善にもとても効果があり、不妊の大敵である冷えを解消してくれます。
このように、鍼灸治療には、不妊の原因となるものを改善してくれる効果があります。

今回は、不妊治療における4つの種類についてご紹介しました。
不妊にお悩みの方、なにかしらの不安を抱えていらっしゃる方は、なるべく早く専門家まで相談に行くことをおすすめします。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応