Now Loading...

不妊治療中の方へ。妊娠の可能性をあげるためにできること

なかなか赤ちゃんに恵まれない方、不妊治療中の方、妊娠する可能性を少しでもあげるために自分でできることがあれば取り入れたいですよね。

毎日の少しの意識で、妊娠する確率がとても高くなる場合もあります。
今回は、妊娠の可能性を高めるためにできることをご紹介します。

・身体をあたためる

不妊の一番の大敵ともいえるのが、冷えです。
特に女性は、男性に比べて筋肉の量が少ないので、冷え性の人が多いといわれています。

そこで、一番身近に身体を温められる方法の一つが、入浴です。
忙しい毎日だからと、ついシャワーだけで済ませていませんか?
入浴には身体全体を温める効果があります。

おすすめの入浴方法は、38度から40度ぐらいの高すぎない温度に10分から15分ほど浸かることです。
高すぎる温度だと、長時間浸かることが難しく、身体の表面だけが温まり、内側まで温まりません。

熱すぎないお湯にゆっくり浸かることで、身体の血行が良くなり、子宮や卵巣が温められ、妊娠しやすい身体になります。
お気に入りの入浴剤を入れる、好きな音楽を聴くなどして、お風呂の時間を楽しんでください。

・バランスの良い食事を摂る

過度なダイエットや食べすぎは、女性ホルモンのバランスを崩す原因にもなります。
また、偏った栄養をとっていると妊娠や出産に必要な栄養分を蓄えられず、母体だけでなく赤ちゃんにも影響を及ぼすことになります。

肉や魚、そして野菜など、バランスの良い食事を摂ることが妊娠しやすい身体づくり の一歩となります。

・適度な運動をする

血行を良くする簡単な方法として、運動があげられます。
運動をすれば血行が良くなるだけでなく、リラックス効果も表れます。
激しい運動でなく、ウォーキングやジョギングを毎日少しの時間行うだけでも、身体が変わってきます。
また、ストレッチなども骨盤を強化し、血行促進につながるのでおすすめです。

・しっかりと睡眠をとる

しっかりと睡眠をとる、睡眠の質を高めることは、妊活においてもとても大切です。
寝る前にテレビやスマホを見る、明るい電気をつけっぱなしにすると、光が交感神経を刺激して良い睡眠がとれません。
枕やシーツにこだわる、寝る前にお気に入りのアロマを焚いてリラックスするなどして、睡眠の質を高めることを意識してみてください。
妊娠する確率を上げるためにできることをご紹介しました。
ご自宅でも簡単にできるので、ぜひ日頃の生活から意識してみてください。
素敵な妊活を送れるよう、願っています。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応