Now Loading...

不妊治療をされているみなさんへ。妊活中におすすめの3つの運動方法とは?

妊活や不妊治療中は運動が欠かせないと、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
女性の身体は、もともと妊娠や出産するための様々な機能が備わっています。
しかし、生活環境や食生活、ストレス、生活習慣など、様々な原因によってそれらの身体の機能が低くなり、妊娠しにくい身体になることもあります。

子宮や卵巣などのトラブルが起こると、病院で診てもらい場合によっては治療が必要です。
しかし、一時的な機能低下であれば、生活環境や日頃の習慣を少し意識するだけで、妊娠しやすい身体づくりに繋がります。

妊娠しやすい身体をつくるためには、バランスの取れた食事、規則正しい生活、しっかりと睡眠をとる、ストレスを無くす、などのことが大切です。
そして運動も、妊娠しやすい身体づくりには欠かせないと言われています。

・ウォーキング

ウォーキングをすると、第2の心臓ともいわれるふくらはぎが大きく動き、血行が良くなります。
そして、血行が良くなると、子宮や卵巣が温められるので妊娠しやすくなる子宮環境に繋がります。

また、大きく腕を振り、大股で歩くようにすれば全身運動にもなります。
そして、歩くことで骨盤が鍛えられ、安産にもなると言われています。
日頃から散歩に行く、一駅先まで歩く、自転車を使わず歩いて買い物に行く、など日頃から簡単に取り入れられるので、ぜひウォーキングをしてみてください。

・ヨガ

ヨガは全身を使って深く呼吸するので、血行が良くなって身体が温まり、冷えが解消される効果があります。
また、ヨガには骨盤の歪みを整える効果もあります。
骨盤が歪んでいると、子宮周りの血流が悪くなり、身体にも歪みの影響が出ます。

ヨガはその骨盤の歪みを改善し、身体を温めることで、ホルモンバランスも整います。
ホルモンバランスの乱れは、妊娠にあたって大きな障害となります。

ヨガには、精神を落ち着かせたり、自律神経のバランスを整えたりする効果があるので、それが女性ホルモンのバランスを整えることにもつながります。

・ストレッチ

運動は苦手だし、寒い冬や暑い夏に外にでて運動したくないという方に、ストレッチがおすすめです。
年齢を重ねるごとに子宮や卵巣の位置が下がるといわれています。
ストレッチは、そんな骨盤の位置を矯正したり、子宮や卵巣の圧迫を取り除いたりしてくれる効果があります。

妊活中におすすめの運動方法を3つご紹介しました。
日頃から簡単にできるので、ぜひみなさんも運動を取り入れてみてください。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応