Now Loading...

【女性必見】不妊治療を始めるタイミングはいつが良い?

「なかなか赤ちゃんに恵まれない」
「そろそろ不妊治療を始めようかな」
「不妊治療っていつぐらいから始めれば良いの?」
とお悩みの方におすすめの記事です。

今回は、不妊治療を始めるタイミングについてご紹介します。

■不妊とは?

不妊症とは、妊娠を希望し1年間性生活を行っているにも関わらず、妊娠しないことをいいます。
一般に結婚を考える年齢で、避妊をせず通常の夫婦の生活を送っていれば、結婚して約半年で2割、1年で9割、2年で10割が妊娠するといわれています。

■不妊になる原因とは?

・卵巣機能不全

卵巣からは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」と呼ばれる2種類の女性ホルモンが分泌されています。
これらそれぞれが子宮に働きかけて、毎月の月経周期を調整しています。
卵巣機能不全とは、卵巣の機能が低下してホルモンバランスが乱れ、月経の周期の乱れや排卵障害が引き起こされることをいいます。

・子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮の筋肉の一部に硬いこぶのような潰瘍ができる病気で、成人女性の4人から5人に1人がなるといわれるほど、多くの女性がかかる病気ともいわれています。
子宮筋腫のほとんどのこぶは、良性のこぶです。

そのため、すぐに治療をしないと命に関わるものというわけではありません。
しかし、粘膜下筋腫があると、子宮内膜がデコボコして、受精卵が着床しにくくなる原因となります。

・子宮内膜症

子宮内膜とは、受精卵が着床する組織で、毎月の月経ではこの子宮内膜と呼ばれる部分がはがれて、出血とともにでてきます。
その組織が本来あるべき場所と違う場所にできるのが子宮内膜症です。

・無精子症

無精子症とは、男性の精液の中に精子がない状態のことをいいます。
無精子症は、男性における不妊で最も大きな原因ともいわれています。
病院で無精子症と診断されても、その後の治療や改善によって妊娠する夫婦はたくさんいるので、あきらめることはありません。

■不妊治療を始めるタイミング

夫婦として生活を始めて1年経っても妊娠しない場合は、まず病院に行くことをおすすめします。
不妊の原因は様々で、生まれつきの原因や、生活習慣の見直しで改善できる可能性もあります。
そのため、不妊に悩んだら、まずは専門家まで相談することが大切です。
不妊治療を始めるタイミングと、不妊治療の原因についてご紹介しました。
不妊にお悩みの方や妊娠についてご相談がある方は、なるべく早めに相談に行ってくださいね。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応