Now Loading...

ヨガで不妊治療!?不妊とヨガの意外な関係とは

「2人目がなかなか生まれない…」
「でも2人目の子供が欲しい…」
という方は、現代においてたくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、いわゆる2人目不妊においては、不妊治療を行っていてもなかなか効果を得られないということが、しばしば起こるといわれています。

「病院に行くのはまだ怖いけど、何か悩みを解消できる方法が知りたい」という方へ、今回は、病院以外で行える、簡単な不妊治療をご紹介いたします。

 ヨガと不妊治療

今回ご説明させていただく、不妊治療方法は「ヨガ」です。驚かれた方もすでにご存じだった方もいらっしゃると思いますが、ヨガは不妊治療に非常に効果的であるといわれています。

そもそも不妊には様々な原因があり、その中に冷え性などによる血行障害や、自律神経が乱れることによってホルモンバランスに異常をきたすといった原因も含まれています。

そしてヨガは、これらの血行障害を改善したり、自律神経の働きを整えたりといった効果があるとされています。

今回はヨガの中でも3つのヨガについてご説明いたします。

1. ハタヨガ

現在、世界中で行われているすべてのヨガの源流と呼ばれているヨガです。

基本的にはゆっくりと動きながらポーズをとるヨガのことを指すので、一般的なヨガはハタヨガの一種です。ハタのハは、陽の属性を指して太陽や吸う息などを意味しています。

また、ハタのタは、陰の属性で月や吐く息を表しているとされます。

陰と陽の力を組み合わせたハタは、体本来の力を意味しているのです。

最も一般的で基本的なヨガであるため、ぜひとも試してみてください。

2. ホットヨガ

ホットヨガとは、暖かい場所でするヨガのことです。

周りの環境はだいたい、37℃~39℃辺り設定されおり、湿度も60%~70%と非常に高い基準で保たれています。

普通のヨガとは比べ物にならないぐらいの汗をかくので、デトックスの効果などが期待されます。

こちらのヨガでは特に、冷え性や、血行障害の方に効果的です。

温度が高く、湿度も高い場所でヨガをすることで、非常に多くの汗をかき、代謝もよくなり、血のめぐりもよくなります。そして冷え性も改善されやすいです。

冷え性や血のめぐりが悪くて困っている人には、非常にお勧めのヨガと言えるでしょう。

3. アシュタンガヨガ

アシュタンガヨガは、一言でいうと非常にエネルギッシュなヨガです。

普通のヨガとは異なり、テンポよく次々ポーズを行っていくのが特徴です。

こちらのヨガは、暗く陰鬱とした気持ちを吹き飛ばしたい方にお勧めです。

 

今回ご紹介した3つのヨガ。是非不妊治療の一環として取り入れてみてはいかがでしょうか?

不妊の症状でお困りの方は是非、私達、漢方の葵堂薬局にご相談ください。

皆さんのご連絡心よりお待ちしております。

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応