Now Loading...

女性だけじゃない!?男性も不妊治療すれば妊娠の確率が上がる!?

不妊治療でお悩みのみなさん。原因は自分にあると思い込んで、つらい思いをしていませんか?
多くの人は、赤ちゃんができない原因は女性にあると思いがちですが、不妊は女性だけの問題ではなく、男性にも問題がある場合があります。

不妊の原因をみると、女性だけに原因があるのが41%といわれています。

しかし、男性に原因があるのは24%で、男女ともに原因があるとされているのは24%と、男性に原因があるのは48%にもなるといわれています。

つまり、不妊の半数ほどの原因は男性にもあるともいえます。

今回は、あまり知られていない男性不妊について、ご紹介します。

■男性不妊の原因

・乏精子症
これは、精神の数がとても少ない状態です。通常であれば精子の数は2000万以上あることが望ましく、自然妊娠には精子の数が4000万以上あることが望ましいとされています。

乏精子症の原因には、精巣の静脈に血液が逆流することで起きる精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)や、精巣の働きの悪さから、精子が作られにくい造精機能障害などがあります。

しかし、詳しく検査をしても、まったく原因がわからないこともあります。

・無精子症
これは、精液の中に精子が見当たらない状態のことをいいます。

無精子症には閉塞性と非閉塞性があります。閉塞性とは、精子があってもその通路がふさがっていることです。

これば、手術をすれば精子の通り道を再建でき、その後自然に妊娠できます。

しかし、非閉塞性は、閉塞性に比べて治療が難しく患者さんの数も多いです。

無精子症の治療法としては、薬物治療や外科的な治療法があり、原因が先天性か後天性などでも治療法が違ってきます。

・精子無力症
精子無力症は、精子の数は正常数あるが、つくられる精子の運動率が悪い状態です。

先天的な原因が多いとされていますが、後天的な理由として、思春期以降におたふく風邪などの高熱で精巣炎になったり、乳児期の停留精巣によって精子を造る機能がなんらかの影響を受けたりしたことが考えられます。

・精索静脈瘤
精索静脈瘤は、男性の不妊の約40%を占めており、高い確率で起きる疾患でもあります。

しかし、世間ではあまり知られていないのが現状です。

この病気は、精巣に血液が逆流して、精巣の静脈血管がこぶ状に腫れている状態のことをいます。

男性の不妊原因についてご紹介してきました。
不妊は女性だけでなく、男性にも原因がある場合があります。

そしてこのように、男性の不妊といっても原因は様々です。
不妊治療でお悩みの方々は、男性も一度検査してみてはいかがでしょうか?

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応