運動不足が不妊の原因!?元気に動いて元気に子どもを産む方法

最近運動したのはいつでしたか?
適度な運動が体にいいとは思いつつも、日々の生活ではなかなか運動する気にはなれない人も多いですよね。

ただ、この運動不足というのは、単に健康への影響があるだけでなく、不妊の一因にもなっているんです!

ここでは、なぜ運動不足が不妊につながるか、そして不妊解消のため・妊娠後のために効果的な運動をお教えしますので、あなたも体を動かして元気に子どもを産みましょう!

■不妊の原因は冷え性

様々な不妊の原因はありますが、その一つとして体質の問題、特に冷え性があげられます。

それは、冷え性になると、血流が悪化したり、温度低下で臓器の機能が低下したりするからです。

女性は筋肉量が男性に比べて少ないため、冷え性になりやすい人が多くいます。そ

のため、運動や食事・生活習慣によって意識的に体が温まる・冷えないようにする必要があります。

■不妊改善を目指した冷え性対策

身体の熱の約6割は筋肉によってつくられているため、冷え性改善には、背中やお腹、お尻や太ももなどの大きな筋肉を鍛えるのが効果的です。
いきなり筋トレを始めようとしてもなかなか続けられないと思います。

普段歩くときに歩幅を広げることが効果的かつ持続的です。

一日30分続けると大きな効果が期待できますし、5~10分でも違います。

他の運動には、女性に人気のヨガも冷え性に効果があります。

これは、単に筋肉を鍛えるだけでなく、関節や内臓の位置を補正することで、血流がよくなる効果もあるからです。

また、体を整えるだけでなく心を整える効果もあるので、ストレスが多い不妊治療中には特におすすめです。

さらに、ヨガを通して骨盤を柔軟にし、筋肉をつけることは出産にも重要なことです。

そのため、「マタニティヨガ」という妊娠中のヨガもあるぐらいです。

ただし、ヨガには注意も必要です。

最近はやりのヨガに「ホットヨガ」があります。

これは、高温多湿の部屋で汗をかいてデトックスを促すものです。

これは体力を使うため、体調がよくないときはもちろん、不妊治療で胚移植を受けた直後は控えなければなりません。

加えて、不妊治療中・妊娠中は心理的負担が多いので、続けようと意気込み過ぎて負担を増やさないように気を付けましょう。

 

いかがでしょうか?
普段運動していない人が始めるのは難しいと思います。
しかし、冷え性や不妊症、ひいては健康な出産のためには運動することが必要です。
無理をするとかえって逆効果なので、自分で始められることからやっていきましょう。

更新:2017年12月18日

不妊に対する無料Web相談を行っています。お電話やご来店でも大丈夫です。詳しくはこちらをクリック↓
漢方の葵堂薬局 〒599-8114  大阪府堺市東区日置荘西町4丁36番7号 TEL:0120-789-301  E-mail: info@aoidou.com
Copyright c 2012 二人目不妊の原因は漢方で改善! 漢方の葵堂薬局 All Rights Reserved.