知っておきたい不妊治療のこと (病院選び編)

赤ちゃんが欲しいのにできず、一度病院で診てもらおうと思った時、どの病院に行けばいいのか悩むものですよね。
不妊治療はとても専門的で、分かりにくく感じるかもしれません。
しかし、そんな不安を抱えて治療に当たるのは気が進まないのではないかと思います。
 
そこで、ここでは安心して治療できるようにどのように病院を選んだらよいのか、ということについて説明したいと思います。
 

婦人科か不妊専門か

女性の年齢が若く赴任期間も短い場合は近くの産婦人科へまず行ってみるとよいでしょう。
30代後半、40代の場合に不妊原因が見つかった場合は、すぐに治療に入れるということから考えて不妊専門の方が良いと思います。
 
また、近所の婦人科に産科もある場合には、妊婦さんや赤ちゃんも診察に訪れます。
その姿を見るのが苦しいのであれば不妊専門の病院、クリニックの方が少ないストレスで済むでしょう。
 

通院はしやすいか

不妊治療は身体の状況に応じて仕事などよりも優先させなければなりません。
その際に通院のしやすさは重要なポイントになります。
病院までの交通機関は何か、時間はどれくらいかかるか、駐車場はどれくらいの費用がかかるかなどチェックしておくとよいでしょう。
 

大きな病院かクリニックか

大学病院や総合病院では担当制を取っているところでなければ診察のたびに医師が変わることになります。
同じ医師でなくても大丈夫であれば複数医師のいる大学病院や創業病院、クリニックを選び、担当医が変わるとコミュニケーションをとるのが大変かと心配であるならば担当医制、または、1人の医師が見ているクリニックが良いでしょう。
 

病院会、講習会に行ってみよう

最近では多くの不妊治療を行うクリニックで勉強会や講習会を行っています。
不妊や妊娠ことについて説明してくれたり、個人的な質問にも答えてくれたりしますので気になるクリニックがあったら複数件出かけてみましょう。
不妊治療は夫婦の治療ですのでできるだけ夫婦で参加し、同じ情報を共有し合うことが大切です。
 
 

このように選び方について紹介しましたが、最終的には医師と話をするのが一番です。
不妊治療は子供が欲しいという願いのもとにある治療ですので、医師との会話を通して自分たち夫婦の身体を任せられるかを肌で感じるためには、直接話して判断するのが大切です。
重要なのは悔いのない治療をすることですので、よく考えて病院を選んでみてください。
更新:2017年09月25日

不妊に対する無料Web相談を行っています。お電話やご来店でも大丈夫です。詳しくはこちらをクリック↓
漢方の葵堂薬局 〒599-8114  大阪府堺市東区日置荘西町4丁36番7号 TEL:0120-789-301  E-mail: info@aoidou.com
Copyright c 2012 二人目不妊の原因は漢方で改善! 漢方の葵堂薬局 All Rights Reserved.