漢方薬の効果はある?不妊治療と漢方医学の関係

不妊治療に取り組まれている方や、これから不妊治療を始められる方へ。
不妊治療には漢方が効果的であると言われています。
不妊治療とは一般的に西洋医学をベースとしていて、人工授精や顕微授精によって妊娠を促します。

漢方ではどのようにして不妊を治療するのでしょうか。
今回は、漢方による不妊治療についてご説明したいと思います。

そもそも漢方とは?

漢方とは中国発祥の医学であり、1000年以上も前に日本に伝えられた歴史ある学問です。
漢方医学は、人間ひとりひとりの症状を重要視し、病気を体全体の不調和であると捉えます。
そのため、体全体の調子を整えることを目的としており、人間本来の自然治癒力を高めるアプローチを行います。

西洋医学における不妊治療

西洋医学における不妊治療は、男女の生殖機能に問題がないかを調べ、問題が見つかればその部分を治療します。
例えば、男性の精子に異常があるならば、人工授精や顕微受精といった方法がとり、女性の子宮に着床を妨げる筋腫があるならば、手術で除去します。

しかし、不妊の原因は生殖機能の問題だけとは限らないので、もちろん西洋医学で治療できない場合もあります。

漢方薬による不妊治療

生殖機能の問題以外の不妊の原因として、体の冷えやストレスの影響が挙げられます。
これらのことが原因で身体機能が全体的に低下して、妊娠しにくくなってしまうのです。
この場合は漢方によるアプローチが効果的となっています。

現代は、女性の社会進出が進んだことで、仕事や人間関係、家事・育児などの課題が重なって、女性にストレスが生まれやすい時代なので、ストレスを元とする身体機能の低下が十分に考えられます。
漢方薬は、体全体の不調和を整えてくれるので、疲れやすかった体が改善されたり、調子が良くなったりなど、身体機能の回復を促します。

すなわち、不妊を直接治すのではなく、体の調子を整えることで間接的に不妊を治すのです。
また、漢方薬の中には、女性の不妊だけでなく、男性に不妊に効くと言われているものもあります。

-まとめ-

いかがでしたか?もちろん、漢方薬によって不妊に悩む誰しもが効果を得られるわけではありません。
しかし、クリニックでの不妊治療の効果がみられないという方でも、漢方薬によって妊娠できたという方もいらっしゃいます。

西洋医学と漢方医学の両方の観点から原因を探っていくと原因を解明しやすくなるので、不妊にお悩みの方は、クリニックに併せて、漢方薬による不妊治療に取り組んでみてはいかがでしょうか?

更新:2017年10月11日

不妊に対する無料Web相談を行っています。お電話やご来店でも大丈夫です。詳しくはこちらをクリック↓
漢方の葵堂薬局 〒599-8114  大阪府堺市東区日置荘西町4丁36番7号 TEL:0120-789-301  E-mail: info@aoidou.com
Copyright c 2012 二人目不妊の原因は漢方で改善! 漢方の葵堂薬局 All Rights Reserved.