正しい生理周期って知ってる?正常な排卵を取り戻す方法とは

不妊治療に取り組んでいる方にとって、卵胞が大きくなり、きちんと排卵されるかどうかというのはとても気になる問題ですよね。
特に排卵が遅れると、妊娠できるのか不安だと考える人も多いかと思います。
今回は、排卵の遅れはどうして起こるのか。また、その遅れはどうすれば改善できるのかといったことについてお話ししたいと思います。

■排卵って?
排卵とは、卵巣から卵子が出てきて卵管に入ることを指します。
詳しく説明すると、卵巣の中は赤ちゃんの元の“原子細胞”と呼ばれるものがあります。
そして、それを包んでいる“卵胞”という袋状のものが原子細胞の成長によって破れることで、卵子が飛び出る″排卵”が起こります。

原子細胞は、女性が生まれたときから数が決まっていて、毎月1000個を失うと言われています。
更に、1000個のうちで排卵するのは選ばれた1つだけです。

■正常な排卵とは?

正常に排卵されているかを確かめるためには、自分の生理周期を調べるのが最も簡単です。
あなたの生理周期が28日~35日で、かつ定期的に生理が来ているという人ならば、正常に排卵が起きている可能性が高いです!

しかし、28日未満の周期であったり、35日以上である場合や、毎月の周期が不安定である場合は、排卵がずれているか、きちんと行われていない恐れがあります。

特に、生理周期が35日以上の女性は排卵が遅い状態になっており、妊娠を望む女性にとっては大問題です!

■排卵を正常にするにはどうしたらいいの?

排卵が安定して起こらない方の改善方法として挙げられるのが、
・血流を改善すること
・ホルモンバランスを整えること
だとされています。

・血流を改善するには?

血流が悪いと全身に十分な栄養分が回らず、卵子が育つために必要な酸素や栄養が子宮に届かないので、排卵が滞ってしまいます。
特に、冷えは血流を悪化させる原因となるので、お腹周りは冷やさないように気をつけましょう。
また、適度な運動で筋肉をつけることも血流を改善させることに繋がります。

・ホルモンバランスを整えるには?

卵胞の成長速度を決めるのは、ホルモンの分泌によるものなので、ホルモンバランスは排卵を正常にするために不可欠です。
ストレスはホルモンバランスの乱れに繋がるので、身体だけでなく、心を休ませることを意識しましょう。

また、大豆イソフラボンを多く含む食材を積極的に摂取することで、女性ホルモンと同じ働きをし、ホルモンバランスを整えることが出来ます。

■おわりに

いかがでしたか?
排卵が正常でない方は、生活習慣を見直すことで、正しい排卵を取り戻すことが出来ます。
身体に優しい生活をして、妊娠しやすい身体づくりを頑張っていきましょう!

更新:2017年10月15日

不妊に対する無料Web相談を行っています。お電話やご来店でも大丈夫です。詳しくはこちらをクリック↓
漢方の葵堂薬局 〒599-8114  大阪府堺市東区日置荘西町4丁36番7号 TEL:0120-789-301  E-mail: info@aoidou.com
Copyright c 2012 二人目不妊の原因は漢方で改善! 漢方の葵堂薬局 All Rights Reserved.