不妊に悩まされている方必見!不妊のそもそもの原因とは?

「なかなか赤ちゃんができない。」とお悩みの方も多くいらっしゃると思います。

日本のカップルのうち、実に14~16%程度が不妊に悩まされていると言われています。
作りたいのに作れないというのはとても辛いことですよね。

ところで、14~16%のカップルが不妊に悩まされているといっても、その人たちが不妊である原因は同じでしょうか?

もちろん人によって異なります。

ここでは、西洋医学の考えに基づいて、不妊の主な原因を見ていきましょう。

■妊娠のメカニズム

不妊の原因を探る前に、まずは妊娠のメカニズムから押さえていきましょう。

精子が頸管内・子宮膣・卵管内に侵入した後のプロセスは以下の通りです。
1. 卵胞が成熟する。
2. タイミングよく排卵が行われる。
3. 卵管采によって卵子がピックアップされる。
4. 受精
5. 胚の形成と移送
6. 子宮内膜への着床
7. 胎児の形成
2番目の排卵とは、卵子が卵巣の中で十分に成長し、下垂体から分泌されるホルモンの指令によって卵巣から飛び出す過程です。

卵子が成長する時期を低温期、排卵したあとの時期を高温期と呼びます。

この期間が循環すること、また月経周期が25~38日であることが重要です。

それでは、ここから不妊の主な原因を説明していきます。

■不妊の女性側の原因

不妊の原因として女性の体にある理由として、主なものを3つ説明します。

◇1:排卵因子(20%)
これは、ホルモンの分泌異常や精神的ストレスにより排卵障害を起こしていることが原因となる不妊です。

月経周期が25日~38日型であること、基礎体温が二相性を為していないことに当てはまる、つまり月経不順を起こしている場合にはこの原因が考えられます。

この因子の場合には、ホルモン治療やストレスのコントロールが必要となります。

◇2:卵管因子(10%)
これは、卵管が閉塞または癒着ことが原因による不妊です。

閉塞・癒着している原因には炎症や性感染症があります。

虫垂炎で骨盤の手術をしたことがある場合にも卵管の癒着が生じることがあります。

◇3:子宮内膜症(20%)
子宮内膜症とは、本来子宮の内部を覆っている子宮内膜が、子宮以外の場所(卵巣・卵管の周囲の腹膜、子宮の筋層内)にできることで、卵管の機能を妨げてしまい、不妊に繋がるb症状です。

月経痛や排便痛、性交痛が以前よりひどくなった女性は子宮内膜症の疑いがあるので要注意です。

 

それぞれの原因のところに割合を掲げていますが、重複して複数の原因を抱えている女性もいれば、全く原因が分からないかたもいらっしゃいます。

不妊治療をするにあたって、まずは自分の原因が何なのか理解していきましょう。

更新:2017年12月30日

不妊に対する無料Web相談を行っています。お電話やご来店でも大丈夫です。詳しくはこちらをクリック↓
漢方の葵堂薬局 〒599-8114  大阪府堺市東区日置荘西町4丁36番7号 TEL:0120-789-301  E-mail: info@aoidou.com
Copyright c 2012 二人目不妊の原因は漢方で改善! 漢方の葵堂薬局 All Rights Reserved.