Now Loading...

漢方薬を冷水で飲んだほうがいいのはどんな場合?

漢方薬を飲む場合、通常は白湯か水で飲むのですが、中には冷水で飲んだほうが効果がある場合があります。これはどんな場合でしょうか。

□漢方薬の飲み方

冷水で飲んだほうがいいのは、たとえば、激しく嘔吐していて、飲んだ薬も吐き出してしまうようなケースです。このような場合は、冷水で飲んだり薬を冷やしてから飲んだほうが、スムーズに服用できます。これはあくまでも例外的なケースですが、このようなケースがあることも知っておくといいでしょう。

多くの場合、漢方薬は食間か食前に飲むようになっています。これは、空腹時に飲むということなのですが、漢方薬は満腹時に飲むよりも、空腹時に飲んだほうが効果があるのでこのようになっています。食間とは食事をしてから2時間後くらい、食前とは食事の30分前くらいと考えればいいでしょう。

ただし、中には食後に服用しないと、胃腸に負担がかかる漢方薬もあるので注意してください。また、薬を飲む目的によっては、食事とは関係なく一定の時間に服用するものもありますし、就寝前に飲む薬や発作が起きる直前に飲む薬など、特殊な例もありますから用法については指示どおりにしてください。

□漢方薬の種類

以前は、漢方薬といえばほとんどが煎じて飲む薬ばかりでした。そのため、昔の漢方薬しか知らない人は、「漢方薬は効くけど煎じて飲むのが面倒だ」と、今でも思っているようです。しかし、現在の漢方薬は煎じて飲む薬ばかりではありません。

最近では漢方薬でも、カプセルに入ったものや顆粒タイプ、錠剤、糖衣錠まであります。つまり、ひと昔と比べてかなり飲みやすくなっているのです。最近は普通の病院でも漢方薬を処方するようになりましたが、調剤薬局では漢方薬のエキス剤がよく使われています。

エキス剤は手軽で便利な漢方薬で、製剤技術の進歩によって可能となった剤形です。エキス剤は、煎じ薬を濃縮して凍結乾燥したものです。

エキス剤にも錠剤や顆粒、カプセルなどがあり、通常の薬局で売られている漢方薬はこのタイプがほとんどです。もちろん、昔ながらの煎じて飲む漢方薬もありますから、どのタイプがいいかは、患者の状態を見て決めることになります。

□まとめ

漢方薬は通常、白湯か水で飲みますが、激しく嘔吐するような場合は、冷たい水で飲むほうがスムーズに服用できます。漢方薬は食間か食事前に飲むのが通常です。漢方薬には煎じ薬のほか、錠剤や顆粒、カプセルなどがあります。普通の薬局で売られているのは、ほとんどがこういった飲みやすいタイプの漢方薬です。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応