Now Loading...

漢方で不妊治療|月経不順へのアプローチについて紹介します。

「どういう仕組みで月経不順になるか知りたい。」
「漢方で月経不順は治るのだろうか。」
そのようにお悩みの方はいませんか?
毎月来る月経は、人によって体調が悪くなったり痛みが強かったりしますよね。
あまりに月経がつらい場合や、月に一度の周期で来ないときは月経不順や月経異常かもしれません。
また、月経不順を放置することで不妊症になってしまうことも。
そこで今回は、月経不順のメカニズムと漢方によるアプローチについてご紹介します。

□月経不順について

*月経不順のメカニズムはホルモンバランスの乱れによるもの

通常、月経期が来ると脳の視床下部から脳下垂体に卵胞刺激ホルモンが分泌されることにより、卵巣内で卵胞が育ちます。
そしてその卵胞から卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌され、子宮内膜を厚くして受精卵のためのベッドが作られます。
受精卵が着床せず、不要になったベッドが壊れて子宮の外へと排出する一連のサイクルが月経です。
ストレスや睡眠不足などでホルモンバランスが乱れると、このサイクルが正常に機能しなくなることがあります。
これが月経不順と呼ばれる状態です。

□月経不順の症状

*月経周期の異常

月経周期が正常だと、一般的に25日間から38日間に一度月経が来るようになっています。
個人差がありますが、急に月経周期が短くなった、あるいは長くなったという方は専門機関を受診することをおすすめします。
また、月経周期が短すぎると生理の回数が増え、体が消耗するため卵子が育たなくなり、また周期が短くなる、という悪循環に陥る可能性があります。
反対に、長すぎる月経周期の場合は卵巣の機能が低下しているため、排卵が起こりにくくなっている場合があります。
いずれのパターンも長引く場合は早めに専門機関を受診しましょう。

□月経不順に対する漢方でのアプローチ

*漢方で気や血の消耗を防ぐ

月経不順の場合、漢方では気や血が足りていない状態だとされています。
そのため、冷えやだるさを取るために当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などで血を補ったり、四物血行散(しもつけっこうさん)などで血行を良くしたりしていきます。
こうした漢方薬によるアプローチの効果には、個人差があります。

□まとめ

今回は月経不順のメカニズムと症状、漢方によるアプローチをご紹介しました。
漢方は体質に合ったものを飲むことが一番ですから、月経不順の治療に漢方を取り入れたいとお考えの方は医師や薬剤師に相談してはいかがでしょうか。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応