Now Loading...

漢方との併用で不妊改善!?その効果とメリットをご紹介!

「漢方で体質改善しながら、妊活もしたい」
「漢方との併用って体にどうなの?」
漢方の治療と併用するとなれば、その効果を利用しながら妊娠を目指したいですよね?
結論からいうと漢方との併用は適切な方法で行えば、体にとって非常に効果が高くなります。
そこで今回は併用するとよい理由からその効果、どんな治療を併用すればいいかを紹介します。

 

□漢方の効果って?

漢方の血を補う、血流を良くする効果によって、冷え性の改善や疲労回復・貧血の改善など、さまざまな不妊体質を改善できます。
また卵子の質を高める効果もあるので、着床しやすい体に改善していきます。

 

□なんで併用すると体にいいの?

他の治療と合わせて漢方を使い分けることで、漢方で体を妊娠する準備を進めながら妊娠成功の確率を高められます。
他のホルモン剤治療や人工授精で効果がみられない場合、特に効果が顕著に表れます。

 

□他の不妊治療との併用は?

*鍼灸

とても細いステンレス製の鍼を痛いと感じない場所(ツボ)にさすことで、その刺激により体のホルモン分泌を調整し、月経を整えることで妊娠する力を高められます。
漢方は服用することで体内から改善を促し、鍼灸は体の外側から刺激を与えることによる治療になります。
そのため相補的に効果を高められます。
これが鍼灸との併用でのメリットです。

 

*周期調節法

月経周期は「月経期」「卵胞期(低温期)」「排卵期」「黄体期(高温期)」の4つの時期に分けられます。
体の生理作用に合わせて漢方薬を使い分ける漢方との併用によって月経の周期のステップごとに合った漢方を選ぶようにしましょう。
そうすることで、不妊の原因となる症状それぞれに働きかけ、妊娠する確率を高められます。

 

*人工授精と体外受精

人工受精とは質の良い精子を抽出し、排卵日に合わせて子宮内に注入する方法です。
体外受精とは排卵日に採取した卵子を体外で受精させ、子宮内に戻す方法です。
この2つの治療に漢方を併用するメリットは、受精のタイミングで血の質を良くすることで妊娠の確立を高めることです。
このように様々な治療において、漢方を併用するメリットがあるのです。

 

□まとめ

今回は漢方の効果、併用することのメリット、そして併用する種類をご紹介しました。
ここで一つ注意していただきたいのが、漢方も適切な種類や服用のタイミングで効果が大きく異なります。
そのためきちんと専門の医師に相談し、自分の体の状態を把握することが大切です。

漢方の葵堂薬局は、開業以来20年、延べ20万人以上の方の不妊のお悩みをお聞きしてきました。しっかりとお悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、一人一人に合ったご提案をさせていただきます。お一人で悩まずに、不妊、二人目不妊、男性不妊のお悩みをお聞かせください。無料 漢方不妊カウンセリングはこちから

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応