Now Loading...

不妊治療の漢方薬を飲む期間は〇〇がベスト?服用期間について解説

「不妊治療で漢方薬を飲む期間ってどのくらいだろう?」
「漢方薬を服用し続ける期間について詳しく知りたい!」
不妊治療に漢方薬を考えている場合、漢方薬をどのくらいの期間飲み続けたらいいのか気になりますよね。
そこで今回は、漢方薬を飲む期間について解説します。

 

□そもそも漢方薬とは?

漢方治療は、直接的に病気の原因となる部分を治療するのではなく、体質・体調などに合わせた処方で、体質・体調を改善していくというアプローチです。
漢方には幅広い効果効能があります。
その成分や種類によって、ストレスや疲労、血行、体内の水分、冷え性などに対して効果が期待できます。
これは、体全体の健康を整えることで妊娠しやすい体を作る手助けとなります。
また、体重・血行・栄養状態・ストレスなどの状態も、妊娠に重要な要素です。
一人一人の体調・体質にあった漢方を服用することで、不妊治療の効果が期待できます。

 

□漢方薬を飲む期間

漢方治療は上述の通り、体調・体質を改善して妊娠しやすい体を作るというアプローチです。
そのため、半年〜1年という期間に渡り、漢方薬の服用を続ける必要があります。
長い期間漢方薬を飲み続けることで、血液の循環が良くなったり、ストレスが減ったりすることによって妊娠力を高めることができます。
また、月経期・卵胞期・排卵期・黄体期の生理周期ごとに合わせて、漢方薬の組み合わせを変えていく周期調節法というものがあります。
これは、それぞれの時期にあった細かい処方が可能となります。
そのため、比較的短い服用期間で効果が出るケースもあります。
半年〜1年間の長期間に渡って、飲み続けることによって効果が現れるのが、不妊における漢方治療です。
長期的に体質・体調の改善を行っていきましょう。
また、他の治療法と漢方治療を併用することでお互いの効果を高め合うことも期待できます。
しかし、効果が出るまで時間がかかるので早めに漢方治療に取り組むことをおすすめします。

 

□まとめ

以上、漢方薬を飲む期間ついてご紹介しました。
漢方薬は比較的、長い期間続けて服用することで体調・体質を改善し、妊娠力を高めていくものです。
一般的には半年〜1年という服用期間が必要です。
また、漢方治療は一人一人に合う処方も大切です。
当社では、しっかりとお客様の悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、お客様一人一人に合った漢方薬をご提案することが可能です。

漢方の葵堂薬局は、開業以来20年、延べ20万人以上の方の不妊のお悩みをお聞きしてきました。しっかりとお悩みを聞き、血液検査など数値から得られるデータを元に、一人一人に合ったご提案をさせていただきます。お一人で悩まずに、不妊、二人目不妊、男性不妊のお悩みをお聞かせください。無料 漢方不妊カウンセリングはこちから

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応