Now Loading...

不妊に良い漢方の選び方って何?症状別に紹介します!

「不妊に漢方が良いみたいだけど、どの漢方が良いの?」
「具体的な選び方やどの漢方が良いのか知りたい。」
不妊に漢方が良いってご存じでしたか?
実際に検討している方でもどの漢方が良いか悩むこともあると思います。
そこで今回は、不妊の症状に効果的な漢方の選び方をご紹介します。

 

□漢方の選び方

早速、漢方の選び方をご紹介します。

 

*体調が不安定なとき

不妊治療の際には体調が不安定になります。
昨日まで元気だったのに突然体調を崩すかもしれません。
体調が良くないと妊娠の確率が下がることが多いです。
このような場合は、補中益気湯や十全大補湯を使うと良いでしょう。
これらの漢方は、体の血液や栄養を供給して体調を整えてくれます。
個別に見ていくと、補中益気湯は食欲や元気がない方におすすめです。
十全大補湯は血液の補給をしてくれます。
そのため、顔色が良くない方や貧血の方におすすめです。
自分の健康のためにもぜひ利用してみましょう。

 

*貧血がひどいとき

不妊治療の際には貧血で悩む方は多いです。
特に、女性の方だとよくあります。
貧血をきっかけに、体調を崩したり、妊娠の確率が下がったりします。
この様な場合は、六君子湯や加味逍遥散が有効です。
これらの漢方を利用すると、貧血の症状を抑えることができます。
また、貧血以外に日常の疲れの解消にも役立ちます。
疲れが溜まっている方も検討してみてください。

 

*ストレスが溜まっているとき

 

不妊治療をしているとストレスが溜まることもあるでしょう。
ストレスが溜まっていると妊娠の確率も下がります。
漢方を有効に使用して、妊娠しやすい体を作っていきましょう。
具体的な漢方には、柴胡桂枝湯や抑肝散陳皮刷毛があります。
柴胡桂枝湯は神経が高ぶり易い方におすすめです。
不妊のストレスから急に感情が高ぶる方もいると思います。
柴胡桂枝湯を使用することで精神的にも安定するでしょう。
抑肝散陳皮刷毛はストレスで怒りっぽくなった際におすすめです。
不妊のストレスから周りの家族や知人にあたってしまうこともあると思います。
そのような際には、抑肝散陳皮刷毛を利用しましょう。

□まとめ

以上、不妊の症状別で漢方をご紹介しました。
漢方には様々な種類のものがあります。
自分の症状に合った漢方を選ぶことで妊娠の確率も高まるでしょう。
今回の記事を参考に、自分に合った漢方を探してみてください。
また、この記事を読んで何か疑問に思うことや相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応