Now Loading...

不妊治療には漢方薬 気になる選び方はどうすればいい?

通常のクリニックなどの不妊治療で受けられる不妊治療に加え、何か自分でできることはないだろうかとお考えの方はいらっしゃいませんか?
食事・睡眠・運動など規則正しい生活を心がけるのはもちろんですが、実は漢方薬を服用すると不妊に効果があることをご存知でしょうか?
漢方薬は体の「気・血・水」にはたらきかけることで体質を改善し、妊娠しやすくなる効果があるといわれています。
一口に漢方薬といっても多くの種類がありますが今回は不妊症に対して効果的な漢方の選び方をご紹介します。

□なぜ漢方は不妊症に効果的なのか?

漢方は古来に中国から伝来した医学が日本で独自の形に発展したものです。
漢方治療は東洋医学に分類されますが、東洋医学は体全体の機能を整えて体質を改善して症状を改善していくという考え方の医学です。
天然の生薬を組み合わせたもので、古くから現在に至るまで長きにわたって多くの人に愛されていきました。

漢方は人間の身体の3つの要素「気・血・水」のバランスが崩れてしまうと体調不良などの症状に陥りやすくなるとしています。
「気・血・水」の要素のうちのどれか1つでも不足していたりしてバランスが悪くなると、体調を壊してしまうといわれています。
漢方薬には「気・血・水」それぞれに効くものに分類されており症状にあった薬を服用することが重要になってきます。

□漢方薬の選び方

漢方薬は「気・血・水」のうちどの要素にアプローチできるかで分類されています。
そのため、まずは3要素のうち自分にどの要素が足りていないのかを自覚する必要があります。
3つの中でも、不妊治療は主に「気」「血」の2つの不足が原因とされているため、自分がどちらの症状に当てはまるかを専門家と相談し、確認してみましょう。

「気」は体内のエネルギーのことをさします。これが足りていない場合、イライラが収まらなかったり、ストレスをためやすくなったり、頭痛、内臓機能の低下の症状が出ます。
ストレスは不妊の主な原因となるため侮ることはできません。
「血」は血液のことを指し、不足していると血流が滞り、体全体に栄養分がいきわたらなくなり性機能の低下の原因となります。手足が冷えやすい方、貧血ぎみの方は要注意です。

以上を参考に、足りない要素を補うような漢方を服用しましょう。
そのうえで自分に適した漢方を処方してもらうと完璧ですね。
以上、不妊症に効果的な漢方薬の選び方をご紹介しました。
まずは専門家に相談しながら自分の症状の原因を理解し、不足している要素を補うような漢方薬を服用するようにしるといいでしょう。

LINE@

無料
相談窓口

0120-789-301

24時間365日対応