治療法はピル??子宮内膜症の原因と治療法

不妊の原因には様々ありますが、女性の子宮内膜症もその一つと言えます。
今回は20~40代の女性の多くがかかるこの病気について原因と治療法をみていきましょう。

子宮内膜症とは

子宮内膜症は、原因がはっきりと分かっていない病気ですが、女性ホルモンの一つである「卵胞ホルモン(エストロゲン)」が影響を与えることが分かっています。
症状は、本来子宮内でのみ形成されるはずの子宮内膜が、子宮以外の場所でも作られ増殖するというもので、月経のたびに子宮外に出来た子宮内膜が剥がれ、炎症したり臓器との癒着を起こしたりします。
そのため、生理痛や性交痛、腰痛など激しい痛みを伴うことが多く、生理痛がひどくて受診したところ子宮内膜症であったという場合もあるようです。

治療方法

炎症や癒着が起きている部位にもよりますが、一般的に症状が重度の場合手術で根本的な治療を行い、比較的軽い症状の場合は薬物療法や、薬物と手術を組み合わせた治療を行うことが多いです。
また薬物療法は二種類に分かれます。
一種類目は「対症療法」と呼ばれ、子宮内膜症の根本的な治療ではなく、痛みの原因となるプロスタグランジンという物質の合成を抑える薬物で症状を和らげる治療法です。
もう一つの方法として「ホルモン療法」があります。
これは排卵を抑制したり、閉経状態を作ったりする方法があり、経口避妊薬(低用量ピル)を用いた方法もあります。

子宮内膜症治療のピルの種類や副作用は?

それでは、どのように低用量ピルで子宮内膜症の症状を抑えることが出来るかを説明します。
ピルはエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンを合成して作られたホルモン剤です。
ピルを服用することでプロゲステロンが脳に働きかけ、「妊娠状態」「閉経状態」を錯覚させることで排卵自体を止めることが出来ます。
またエストロゲンの分泌量を少なくすることが出来るので、子宮外での子宮内膜の増殖を抑えることに繋がります。そのため、生理中の出血量が減り、症状を緩和できます。
ピルには成分量に応じていくつかの種類がありますが、子宮内膜症の治療には低用量のものが使われます。低用量であるので長期服用の際も副作用が少ないのが特徴です。
しかし、全く副作用が起きないというわけではないので、違和感があればすぐに医師に相談しましょう。

いかがでしたでしょうか?
ピルは子宮内膜症の治療法の一つであり症状を抑えることが出来ますが、服用中は排卵が起こらないため妊娠を望んでいる方は利用できないというデメリットもあります。
子宮内膜症の原因だけでなく、自身の体の状態や妊娠に対する気持ちなどを踏まえて適切な治療方法を選びましょう。
更新:2017年07月15日

不妊に対する無料Web相談を行っています。お電話やご来店でも大丈夫です。詳しくはこちらをクリック↓
漢方の葵堂薬局 〒599-8114  大阪府堺市東区日置荘西町4丁36番7号 TEL:0120-789-301  E-mail: info@aoidou.com
Copyright c 2012 二人目不妊の原因は漢方で改善! 漢方の葵堂薬局 All Rights Reserved.